小売業者とは何ですか?

小売とはどういう意味ですか?

小売は、商品やサービスを消費者に直接販売するプロセスです。 利益を上げるために、複数の販売チャネルを介して行われます。

a 小売業者?

基本的に、小売業者は、 レンガとモルタル ストアまたはオンライン eコマースプラットフォーム 以下のような Shopify or BigCommerce.

小売取引は通常、購入者が受け取った商品またはサービスの代金を支払うと完了します。 などの大手小売業者 アマゾン、 ウォルマート、テスコ、セインズベリーは、製造業者または卸売業者からの商品を展示するように設計されています。 それらは、その後、マークアップ価格設定手法に従って消費者に販売されます。

市場には、小売業者の正式な登録が必要な特定の商品があります。 たとえば、Apple製品を店内の消費者に販売したい場合、私が正規販売店であることを確認する適切な文書が必要です。 製品保証をメーカーからお客様に誠意を持って転送する必要があることを忘れないでください。

これは、認定小売業者から電子機器を購入することが強く推奨される基本的な理由を裏付けています。 製品にメーカーの欠陥がある場合、購入者は効果的な返品ポリシーを含む保証によって保護されます。 ほとんどの場合、小売業者は自分で製造した商品を販売していません。 むしろ、それらは製造業者、販売業者、または卸売業者と最終購入者の間の仲介者として機能します。

この時点で、Amazonなどの有名な小売業者や Alibaba 市場で唯一のプレーヤーではありません。 興味深いことに、小売店は、ブランドの洋服を販売しているあなたの街区の小さな店かもしれません。 通常の場合、小売業者はそのような親切な製品を潜在的な顧客に販売することがよくあります。

  • 家具およびその他の家庭用品
  • 衣類
  • 図書
  • 自動車アクセサリー
  • ジュエリー

小売業者の主な機能

小売業者は、優れたサービスを消費者に提供することが期待されています。

通常、卸売業者は製品をメーカーから入手します。 その後、小売業者は卸売業者から製品を調達します。 とても簡単です。 製造業者は、原材料、労働力を探し、完成品を生産するためにあらゆる努力を払います。 次に、小売業者は推奨される小売価格で消費者に商品を販売する必要があります。

倉庫保管業務はすべて小売業者に任されています。 これは、物流プロセス全体の一部です。 しかし実際には、彼らはそれを一人で行うことはできません。 彼らは世界秩序のサービスを外部委託する必要があります 履行 プラットフォーム。

顧客満足度を最大化するために、小売業者がクレジットで買い手に商品を提供しなければならない場合があります。 その結果、彼らはそれほど多くの不良債権を蓄積しないように、リスク管理計画を含める必要があります。 それとは別に、製品の品質は商人の目的の最前線である必要があります。

そして、ロジックは非常に簡単です。 最終的に利益率を低下させる返品やチャージバックを回避するため。 彼らは市場に新製品を紹介し、すべての潜在的な顧客に連絡して、それらについて教育します。

小売業者は製品をどのように宣伝しますか?

小売業者に開かれた非常に多くのマーケティング戦略があります。 この時代に、ソーシャルメディアは従来の広告方法よりも勢いを増しています。 スポンサー付きのFacebookおよびInstagram広告、あるいは電子メールマーケティングさえ、小売業者が自社の製品を宣伝するために使用する主要な戦略の一部です。 言い換えれば、ソーシャルネットワークで表示されることは、商人がしばしば頼りにする勝利ゲーム計画です。

ほとんどの小売業者にとってうまくいくように見えるのはブランディングです。 ユニークな名前とロゴを付けることで、顧客はあなたの製品に自信を築くことができます。 小売業者は、代理店から製品を調達し、ビジネスブランドを宣伝する手段としてパッケージをカスタマイズできます。

フラッシュセールは、Eコマース業界の新しい標準です。 お客様の目を引く手段です。 結局のところ、商人は顧客を購入するように誘惑する非常に低価格で製品を販売するでしょう。

レンガとモルタル対Eコマースの小売り

実証済みの計画なしで作業することは、ほとんどの小売業者にとって恐ろしい夢であることは疑問の余地がありません。 これらXNUMXつの方法は、ほぼすべての小売業者にとって最も支配的な戦略です。 後者は、しかし、いくつかの方法で勢いを増しています。 まず、ほとんどの小売業者にとって非常に生産的であることが証明されている例外的なeコマース小売プラットフォームがあります。 それらの中には、

  1. Shopify (完全なレビューはこちら)
  2. BigCommerce (完全なレビューはこちら)
  3. WooCommerce (完全なレビューはこちら)
  4. 爆発 (完全なレビューはこちら)
  5. 3dcart (完全なレビューはこちら)

ほんの数例を挙げます。

ドロップシッピング事業が今も続いていることは明らかです。 実店舗とは異なり、小売業者は通りのどこかに店先を置く必要はありません。 彼らは彼らのオンラインストアアカウントに彼らの製品をアップロードする必要があるだけです。 小売店の方が実際の場所に行くよりもオンラインで製品を販売する方が間違いなく安いです。

一方、市場のニーズを考慮する必要があります。 消耗品のようなものは、迅速なサービス提供を強化するために、実店舗に投資する小売業者が間違いなく必要です。

ニッチな小売

これは、現在中心的な段階にある一般的なマーケティング戦略です。 小売業者は、すべての取引のジャックになることがいかに圧倒的であるかを理解しています。 ニッチな小売業者は、市場の特定の製品を扱う商人です。

そして、それだけではありません。

このようなベンチャーを最大限に活用するには、小売業者はターゲット市場に精通している必要があります。 さらに、ほとんどの顧客がどこから来たのかを注意深く監視します。 Googleトレンドの普及により、特定のニッチが特定の地域でその人気をどのように獲得しているかを簡単に知ることができます。

ジムウェアをニッチとして選択したい場合、キーフレーズとその関連トピックがGoogleで検索された頻度に相当するスコアが表示されます。 小売業者は、製品のマーケティングに全力を注ぐことができるので、特定のニッチに焦点を合わせる方が簡単です。

小売業者にはPOSが必要ですか?

A ポイントオブセール 多くの小売店のオーナーにとって非常に重要です。 その重要性を証明するのは、顧客からの支払いを処理する能力です。 モバイル決済プロセッサは、小売業でなくてはならないものです。 また、小売業者は体系的な方法で在庫を分類するシステムを使用する必要があります。

小売業者は正確な数値で作業する必要があり、そこで強力なPOS小売システムが登場します。小売業者がアイテムをオンラインで販売することを選択した場合、チェックアウトプロセス全体がシームレスである必要があります。

どの小売業でも、店主はすべての支払い取引を記録する必要があります。 他にどのようにして実際の利益率を知るのでしょうか? その上、熟練したPOSシステムは、商人がすべての販売のすべての在庫レベルの更新を取得するのに役立ちます。 最適なPOSシステムを探している間、小売業者はクレジットカードで支払いを行う顧客に注意する必要があります。 主要なカードブランドを受け入れ、POSシステムと簡単に統合できるカードリーダーの使用を検討する必要があります。

ここでは、小売業のいくつかの基本的な用語があります

  1. 在庫管理ユニット これは、インベントリコーディングシステムの詳細です。 各製品には、他の機能の中でバリエーション、価格、ブランドを識別するためのSKU番号が付与されています。
  2. 現金流量- それはビジネスの流動性の側面を指します。 小売業者は、入ってくるお金の量とビジネスから出てくる金額を追跡する必要があります。 商人は、キャッシュフローに基づいてビジネスを効率的に運営するために、すべての借金と運営費用を準備する必要があります。
  3. 減価償却費–これは、小売ビジネスの運営に使用する資産の価値の減少です。 商人は、寿命が尽きると資産を交換するためにいくらかのお金を取り置きます。
  4. 売上総利益–これは、商人が製品の製造と販売に関連するすべての費用を差し引いた後の商人の合計金額です。 これには、販売など、販売の一部であるサービスが含まれます。 それは損益計算書に反映する必要があり、それを計算するには、総売上高から売上原価を減算する必要があります。
  5. 在庫回転率 これは、規定された期間内に在庫が使用または交換された合計回数を示す比率です。 これは、XNUMX年の総販売数に対する在庫レベルを比較します。 在庫回転率を計算するには、特定の期間(通常はXNUMX年)の平均在庫に対する販売された商品の総コストを割る必要があります。
  6. 損益計算書- これは、特定の期間のすべての収入と支出を明確に示すレポートです。 これは、損益計算書とも呼ばれます。 それは、ビジネスがどのようにその売上、すべての費用、および総収益を生み出しているかを分析するのに役立ちます。
  7. 販売費- これらは、製品のマーケティングおよび配布中に発生するすべてのコストです。 マーケティング費用は、ソーシャルメディアの広告料が原因で発生します。 小売業者がサードパーティのeコマースチャネルを介して販売している場合 Shopify 毎月のプランの支払いの必要性。

小売業者という用語は、あまり伝統的でない売り手を表すのにも使用できます。 市場や見本市で彫刻や絵画を販売するアーティストも小売業者です。 利益を上げることを目的として一般に販売しているフードトラックも同様です。

製品の販売に加えて、小売業者はサービスプロバイダーになることもできます。 たとえば、ほとんどの家電小売業者は、延長保証の形で自社製品に保険を提供しています。また、一部の業者は、配送、セットアップ、または修理サービスも提供しています。

eコマースの専門家になる

パーティーを開始するにはメールアドレスを入力してください