マルチチャネル小売とは何ですか?

マルチチャネル小売マルチチャネル小売とはどういう意味ですか?

複数のチャネルを介した製品の小売。 これらのチャネルには、実店舗、カタログ、eコマースストア、eBayやAmazonなどのオンラインマーケットプレイスが含まれます。 商品を小売りするチャネルが多いほど、コンバージョン率は高くなります。

最高のマルチチャネル小売には、少なくとも2015つの物理的な場所と190つのオンラインプレゼンスが含まれます。これは、クリックアンドモルタルストアとして知られています。 従来の方法とオンラインの方法の両方で製品またはサービスを利用できる場合、コンバージョン率と利益が増加します。 実際、マルチチャネル企業のXNUMX年の分析では、XNUMXつのチャネルを使用している小売業者は、XNUMXつのチャネルのみを使用している小売業者の平均XNUMX倍の売上高であることがわかりました。 XNUMXつのオンラインマーケットプレイスで販売している実在のない企業でさえ、単一のオンラインプレゼンスのある企業よりも平均でXNUMX%多い売り上げを記録しています。

消費者のクロスチャネルインタラクションの増加を考えると、オンライン販売はeコマースWebサイトに厳密に限定されなくなりました。 セールスファンネルの認識段階の一部と見なされていたチャネルがあり、現在はそれ自体が収入源として使用されています。 実際、あらゆる可能なチャネルで消費者にリーチすることで、ブランドの認知度が高まり、リピーターを促進します。

XNUMXつの主要なオンラインeコマースチャネル

eコマースの小売業者が利用できるチャネルについては何日も続く可能性がありますが、オンラインeコマースの分野で最も重要な役割を果たすXNUMXつがあります。

  1. ソーシャルメディア。 Facebookなどで提供される広告チャネルを利用して、ソーシャルメディアを中心にビジネス全体を構築している人もいます。 Twitter、Instagramなど。 ソーシャルメディアプラットフォームは、消費者がソーシャルメディアサイト内の投稿や写真から直接注文できるように、「今すぐ購入」ボタンを追加することで、ビジネスの販売をさらに容易にしました。 これにより、モバイルデバイス上でも、ソーシャルメディアサイトを離れずに消費者がアイテムを購入することが非常に簡単で便利になりました。
  2. オンラインマーケットプレイス。 確かに独自のeコマースWebサイトがあるかもしれませんが、eBay、Amazon、楽天などが提供する大規模なオンラインマーケットプレイスに頻繁にアクセスする数億人の顧客を活用してみませんか。 これらのオンライン市場を競争と見なすのではなく、それらを追加の顧客と収益のソースとして見なすことから始めます。
  3. 比較ショッピングエンジン(CSE)。 あなたがニッチ内のアイテムの最低コストの競争相手のXNUMX人である場合、これらのCSEは訪問者とコンバージョンの洪水を解き放ちます。

マルチチャネル小売業を成功させるXNUMXつの鍵

優れた販売戦略は成功への扉となる可能性がありますが、その扉を開くには実行する必要があります。 次のXNUMXつの戦略を使用して、成功への独自の入り口を作成します。

  1. 差別化。 混雑したeコマーススペースでは、成功するために目立つ必要があります。 魅力的な商品の説明と同様に、目を見張るような画像が役立ちます。 それ以上にあなたは特別な何かで顧客を引き付ける必要があります。 混雑したスペースであっても、無料サンプル、メンバー割引、クーポンはこれを行うXNUMXつの方法です。
  2. ブランディング。 オンサイトとオフサイトの両方のすべてのチャネルは、ブランドの認知度を高めるために、グラフィックスやメッセージを含む一貫したブランディングが必要です。
  3. 合理化。 XNUMXつのeコマースWebサイトを管理するのは十分に難しい場合がありますが、マルチチャネル販売に分岐し始めると、顧客とのつながりの作成は言うまでもなく、注文処理、販売追跡、および履行を扱う問題の山にすぐになり得ます。 。 運用を合理化し、追加のスタッフや何らかのタイプのeコマース追跡ソフトウェアを意味するかどうかにかかわらず、すべてのチャネルを管理する方法を見つける必要があります。
eコマースの専門家になる

パーティーを開始するにはメールアドレスを入力してください