マージンとは何ですか?

マージンとはどういう意味ですか?

小売業者とその顧客が同じ製品に支払う金額の差額。 製品の販売のマージンには、実際のコスト差のみが含まれ、間接費やその他の変動コストは含まれない場合があります。

企業会計のコンテキストでマージンを説明する場合、マージンは収益と費用の全体的な違いです。 通常、ビジネスによって追跡されるマージンはいくつかあります。粗利益率、営業利益率、純利益率(「ボトムライン」とも呼ばれます)です。 粗利益率は、売上原価(COGS)に対する収益の指標です。 営業利益率は、COGSだけでなく、人件費、家賃、公共料金などの営業費用も考慮します。 最後に、純利益率では、前者のすべて、および税金、利息、および以前に取得されなかったその他の費用が考慮されます。 すべてのマージン番号は重要ですが、これはビジネスの利益であるため、最も重要なのは純利益マージンです。

実店舗またはeコマースストアでの再販のために製造元から製品を購入する場合、オーバーヘッドを考慮してマージンを慎重に計算することが不可欠です。 利益を上げるには、建物の賃貸料、従業員の賃金、光熱費などの諸経費を考慮する必要があります。

粗利益率や営業利益率を確認することもできますが、ビジネスの価値は実際には純利益率によって決まります。 結局のところ、会社がすべての経費を考慮に入れて損失を出して運営している場合、1億ドルの収益があっても意味がありません。

コメント 0応答

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

評価 *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.

eコマースの専門家になる

パーティーを開始するにはメールアドレスを入力してください