ロジスティクスとはどういう意味ですか? ロジスティクスの定義

ロジスティクスとは何ですか? ロジスティクスとはどういう意味ですか?

「ロジスティクス」という用語は、ビジネスの世界ではかなり頻繁に使用されますが、それが実際に何を意味するのかを誰もが理解しているわけではありません。

大まかに言って、ロジスティクスは次のとおりです。

保管中および輸送中のリソースまたは製品の管理。 eコマースベンチャーでは、ロジスティクスは、注文を顧客に出荷するプロセス、または在庫をマーチャントに輸送するプロセスです。 ロジスティクスプロセスは、輸送中および配達時点までの商品を追跡します。 ロジスティクス管理は、潜在的な流通を見つけて特定する慣行であり、 海運会社、およびそれらの有効性を評価します。 ほとんどの企業にとって、輸送と保管を専門とするサードパーティ企業にロジスティクスをアウトソーシングする方が費用効果が高く、これは特にeコマースベンチャーに当てはまります。

ロジスティクスの導入 運送 商品の減少は、輸送中に行方不明になる商品、または目的地に向かう途中で迂回することを決定した車両の運転手が急激に減少することを意味します。

パッケージは、トラック内の機器または使用されている他の輸送手段のおかげで、旅行中の任意の場所に配置できます。 また、納期も改善され、顧客が必要なときに商品や製品を確実に手に入れることができます。 ロジスティクスの最終的な目標は、サプライチェーンのあるポイントから次のポイントに、可能な限り最も速く、最も効率的で、最も費用効果の高い方法で商品を移動することです。

1970年代以降、ビジネスロジスティクスは劇的に変化しました。 グローバルなサプライチェーンの台頭により、サプライ企業とサプライチェーンはますます複雑になっています。 これにより、ロジスティクスと呼ばれるロジスティクスの専門家が必要になりました。 サプライチェーン管理の複雑さは、サプライチェーン内の商品の移動と追跡を支援するソフトウェアが開発され、テクノロジーがブームになったときにのみ増加しました。 このソフトウェアは、配送ルートの計画と追跡に役立ちますが、サプライチェーンの複雑さを増大させることもできます。

ロジスティクスとサプライチェーン管理

ロジスティクス、輸送、購買、マテリアルハンドリング、およびその他のビジネスプロセスは、長年にわたって進化し続けているため、それらはより相互に関連するようになっています。 商品の管理に関連する調達、倉庫保管、および原産地の慣行はすべて、何らかの方法でリンクされています。 重複が非常に多いため、特定の用語の定義があいまいになり始めるのも簡単です。

サプライチェーン管理とロジスティクスは、互換性のある用語として使用されることがあります。 ただし、これらの用語にはいくつかの共通点がありますが、同じものではありません。

サプライチェーン管理は、必要な製品を倉庫施設に確実に届け、次に競争上の優位性を持って消費のポイントに到達するために相互にリンクするプロセスを指す包括的な概念です。

ロジスティクスは、サプライチェーン全体における商品、サービス、および情報の移動、管理、およびフローに適用されます。

ロジスティクスとサプライチェーンの定義

サプライチェーンマネジメントとは、効率とエンドカスタマーの価値を向上させる手段として、顧客、サプライヤー、その他のパートナーをつなぐ企業間のコラボレーションを指します。 ミシガン州立大学は、サプライチェーン管理は流通ネットワークにおける戦略的決定であると述べています。 適切なサプライチェーン管理により、ロジスティクス情報の最適化が開始される「運用」環境が設定されます。

一方、ロジスティクスはサプライチェーンプロセスのコンポーネントです。 たとえば、ロジスティクス会社は、商品やサービスの効果的な前進および後退の移動を計画、実装、および管理します。 ロジスティクス計画では、インバウンド環境とアウトバウンド環境を調べて、製品の原産地と消費地の間の活動を考慮します。 目的は、正しいロジスティクス(および在庫管理)で顧客の要件を確実に満たすことです。

包括的な概念としてのロジスティクスは、商品の輸送、倉庫保管、梱包、および在庫を配置するその他のさまざまな活動をカバーできます。 この概念は軍事科学で始まりましたが、ビジネスの世界でもすぐに一般的になりました。 ロジスティクスをアウトソーシングする場合でも、独自のシステムを管理する場合でも、目的は同じです。

ロジスティクスは、価格と品質に対する正しい要求に応じて、顧客が必要な製品を適切なタイミングで受け取ることを保証します。 アウトバウンドとインバウンドのロジスティクスは両方とも考慮事項の一部です。 インバウンドロジスティクスは製品の原材料の入手などをカバーしますが、アウトバウンドロジスティクスは商品の最初の購入と保管を超えています。 アウトバウンドロジスティクスでは、注文の履行、在庫の管理、梱包、出荷など、顧客への流通を検討します。

ロジスティクスとサプライチェーン管理は連携していますか?

それらは同じものではありませんが、サプライチェーン管理とロジスティクスプロセスは関連情報と目的を共有しています。 XNUMXつのソリューションは相互に補完し合い、製品が倉庫を介して流通業者と流通センターにシームレスに移動し、最終的に最終目的地に到着するようにします。

ウィキペディアや他のウェブサイトの定義によると、ロジスティクスはサプライチェーン管理なしでは存在できません。逆もまた同様です。 特に、サプライチェーン管理は、ビジネスまたは企業のネットワーク内のプロセスを、ビジネスとエンドユーザーに利点をもたらすモデルにリンクする方法です。 ロジスティクスとは、フォークリフトの雇用と購入から米国の販売業者の使用まで、組織に出入りする商品の流れ、およびサービスや情報を指します。

SCMの主な焦点は競争上の優位性を獲得することですが、ロジスティクスはすべて顧客満足を達成することです。 「ロジスティクス」という用語は長い間使用されてきましたが、サプライチェーンは比較的新しいものですが、どちらも常にビジネスプロセスに関連しています。

ロジスティクスのコンポーネント

小売業者がロジスティクスをどのように使用し、ロジスティクスが何を意味するかを完全に理解するには、ロジスティクスの旅にしばしば関与するいくつかのコンポーネントを検討する価値があります。 例えば:

  • インバウンド輸送:これは、特定のアイテムまたは消耗品をビジネスに持ち込むために行われる活動を指します。多くの場合、サプライヤーまたはメーカーからのものです。 これには、機器の倉庫への輸送と移動のすべての側面が含まれる可能性があります。
  • アウトバウンド輸送:これらは、Webサイトでの注文、または顧客から要求された注文を処理するために使用される輸送方法です。 アウトバウンド輸送には、世界のさまざまな地域での出荷と取り扱いが含まれます。
  • 倉庫保管:これは単に、倉庫またはサードパーティが提供する倉庫で顧客に提供する必要のある消耗品や機器を整理する方法を指します。 また、倉庫でアイテムを管理および整理する方法についても説明します。
  • フリート管理:車両管理、または車両管理(同義語として)は、多くの場合、インバウンドおよびアウトバウンド輸送に使用する輸送サービスを指します。 また、サプライチェーンの効率を改善するために使用されるツールやソフトウェアが含まれる場合もあります。
  • 材料の取扱い:これは、小売業の製造、流通、消費の各部分における材料の移動、安全な保管、および管理です。 これには、顧客への配送用の製品の準備やパッケージングのさまざまな側面が含まれます。
  • 受注処理:注文処理とは、企業がエンドユーザーに商品や製品を届けるために使用するプロセスを指す広義の用語です。 注文の履行は、顧客が注文することから始まり、製品が玄関先に到着したときに終了します。
  • 在庫管理:これは、企業がサプライチェーンのすべての部分で販売および処理する在庫を追跡するために使用するテクノロジーと戦略です。 在庫には、パッケージ、機械、フリート、機器、および製品自体が含まれます。 在庫管理ツールは、在庫と供給を追跡するのに役立ちます。
  • 需要計画:これは、売上予測にテクノロジーと履歴情報を使用することを含む一種の予測計画戦略です。 目的は、特定の時間に製品に対して受け取る可能性のある需要の種類を予測することです。したがって、実際に必要な在庫よりも少ない在庫があることを心配する必要はありません。 需要計画はまた、移動できない在庫の余剰がないことを保証します。

ロジスティクスが重要なのはなぜですか?

では、何がロジスティクスをそれほど価値のあるものにしているのでしょうか。

簡単な答えは、企業が現実的で持続可能な成長を計画するのを支援するためのソリューションであるということです。 あなたの会社の規模やあなたが働いている業界に関係なく、あなたは常に成長し拡大するという野心を持っています。 ロジスティクスは、過度のコストや非効率的なプロセスに対処することなく、その成長を維持するのに役立ちます。

サプライチェーンの一部として、ロジスティクスはあなたのビジネスの運営を非常に簡単にすることができます。 サプライチェーンは、顧客のライフサイクルにおける需要の変化に依存するため、非常に複雑で機密性が高いことがよくあります。 このため、サプライチェーンは、効果的に組織化されていないと、高い価値を提供するのに苦労することがよくあります。 ロジスティクスは、材料と時間の無駄を減らすことにより、サプライチェーンの改善に役立ちます。

ロジスティクスを使用すると、企業は次のことができます。

  • 追加の価値を生み出す:ロジスティクスは、小売業者が顧客に提供できる製品の適切な品質と数量を確保することにより、付加価値を生み出すのに役立ちます。 ロジスティクスとは、ビジネス全体をより効果的に管理できることを意味します。
  • 効率を向上させる:世界貿易の人気が高まるにつれ、ロジスティクスはサプライチェーンの重要な部分として浮上しており、他の企業やプロバイダーとの効果的なパートナーシップを通じてコストを削減しています。
  • お金を節約:適切に管理されたロジスティクス戦略がある場合、追加の費用がかかる可能性のある問題が発生するリスクが少なくなります。
  • より良い顧客体験を提供する:ロジスティクスは、顧客が期待する品質で必要なアイテムを確実に入手できるようにします。 より適切に組織化されたロジスティクスにより、企業は顧客のニーズに迅速に対応できます。
  • ブランドの評判を高める:ロジスティクスは、ビジネスプロセスが適切に解決されていることを示しているため、顧客が期待するような驚くべき結果をもたらすことができます。 その結果、一般的にブランドイメージが向上し、売り上げが増加します。

満足している顧客はどんなビジネスにとっても重要です。 それらはあなたの会社を最高の状態に保ち、あなたが利益を上げ続けることができることを保証するものです。 満足のいく顧客を作成することは、アイテムの適切な価格を見つけたり、優れた機能を提供したりすることだけではありません。 また、ターゲットオーディエンスにも最高のエクスペリエンスを効果的に提供する方法を検討する必要があります。 そこで、ロジスティクスとサプライチェーン管理が登場します。

ロジスティクスがどのように機能するかを理解したので、視聴者が期待するような素晴らしい体験を作り出すことができます。 その結果、売上が向上し、利益が増え、ビジネスが成長するはずです。

eコマースの専門家になる

パーティーを開始するにはメールアドレスを入力してください